異星人のようなそうでもないような前田から石井となりし友人

異星人のようなそうでもないような前田から石井となりし友人

カテゴリー:おとめ山ダイアリー, 新着情報

二人でふたりの星へ飛んでいけー☆彡

最近はラインなどで新年のご挨拶をされる方が増えたと思いますが、毎年、年賀状友だちと

昨年のアリガトウと今年のヨロシクネを交換し合う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

名字が変わった友人からの年賀状が運んでくる不思議な感覚。

え、石井さんて?あーそうだった。結婚したんだった、前田さん。だから石井さんになったんだ

・・・なんか不思議。

でもマリちゃん(前田さんの名前を真理愛さんと勝手に仮定)には変わりないもんね。

な~んて、頭ではわかっているものの、心にノスタルジーの風がヒューと吹いたりして・・・

マリちゃん、今はもう石井真理愛なんだ・・・そっかぁ。。

「どんな人と結婚したいですか?」と聞いたら、

「単純な名字の人がいいです」と即答された元会員さんがいらっしゃいました。

たしかに彼女の名字はとても複雑な文字が並ぶ目を引くものでした。

残念ながら希望通りにならず・・・・さらに複雑な文字並びの名字を名乗って子育中です。

「お見合い成立時に、この名字だったら自分の名前に合うみたい」

と妙に落ち着いた気分でお見合いにのぞまれ、大家族を支え仲良く暮らしていらっしゃる会員さん。

「じつは交際成立時に、彼女の名前を知って自分の名字に当てはめた自分がいました」

と照れ照れに入籍報告にいらした男性会員さんも。

結婚後最初の変化は、どちらかの名字が変わること、どちらかの名字にもう一つ名前が加わること。

~異星人のようなそうでもないような前田から石井となりし友人~

俵万智さんは「異星人」と詠われましたが、確かにそんな感じが結婚直後のお二人です。

見たこともない星に行ったり、知らなかった星から迎えたり、

それまで見ず知らずだった人と新しい星をつくる、結婚ってそういうもののような気がします。

結婚はしたいんですが、結婚するとどうなるんですか?
新しい星に住むんでしょうね?!

新年明けまして、昨年ご結婚された方々から新しい名字と旧姓の名字が記された年賀状が届きました。

新旧の名字の間には「幸」「穏」「愛」「安」がどっしりと存在しています。

来年はあなたが異星人になって、お友だちに年賀状を出してみませんか?