成婚ストーリーに登場したい?成婚ストーリーは誰のもの?

成婚ストーリーに登場したい?成婚ストーリーは誰のもの?

カテゴリー:おとめ山ダイアリー, 新着情報

3月もご成婚カップルが誕生しました。ありがとうございます「東京大神宮」さま。

 

この6月にIBJ仲人総会のようなものがあって、昨年から実施されているんですけれど、

そこで「成婚ストーリー」を公開するという企画があるのです。もちろん会員さんのです。。。

昨年も「今村さんなら感動の成婚秘話お持ちですよね?」とお願いされたのですが、

どうしても会員さんの個人情報を流してしまうような気がしてお受けできず辞退しました。

 

そして今年も・・・お願いすれば、「いいですよ」と快諾してくださる会員さんばかりですけれど、

でもやっぱりと躊躇してしまいます。

成婚写真もそうです。

IMAではお顔に?マークをつけたお写真はよほどのことがない限り掲載していません。

というか、成婚時にお二人のお写真を撮影することさえしていないのです。

最後まで黒子に徹したいから。

自分で言うのも気恥ずかしいですが、これは私のちょっとした美学。

 

ご成婚は私の手柄ではなく、みなさんの努力の賜物なのだから。

仲人はあなたをすっと撫でる風、そっと暖める陽、もう一人のあなたを映し出す影でありたいと心しています。

こんな私が綴る目白発成婚物語は、実際のお二人とはほんのほんの少しだけちがう二人が登場します。

たとえば年齢1歳違いとかご職業伏せ気味とか、

けれども成婚した卒業生には「わたしのことみたい」と感じていただける-

勝手ながら「はなむけの言葉」のつもりで成婚ストーリーを執筆しています。

ただ、卒業生たちにははなむけの言葉になっても、

苦しい婚活が続いている方や失恋直後の方にとっては刃の読み物になるときもあるかもしれません。

成婚スト-リーは90%以上ノンフィクションだから、読み手に複雑な思いが生じても不思議ではないですね。

いいなぁ、すごいなぁ、あ~ぁ、ほんとかなぁ、さみしいな、そうなんだ、わたしにはムリ、

がんばってみようかなetc

いい心とわるい心が混じり合っての読書タイムになるかも。

わたしもいつの日か「目白成婚ストーリー」の主人公になりたい。
そう思っていただければうれしいです。

成婚ストーリーは会員さんのもの。
心の中で何度も何度も読み返してくださいね。