オトコはみんな優しいのさ(夫、名言)

オトコはみんな優しいのさ(夫、名言)

カテゴリー:おとめ山ダイアリー, 男性へのメッセージ

職場で、同性の友人の間で、異性の幼なじみから、

「いい人」「いいヤツ」「いい男」と評判なのに女性との縁がない、

というよりもご縁をつなげない男性が増加中です。

 

女性にとっての「いい人」ってどんな男性なのでしょうか。

 

清潔感がある、仕事が好き、好きなことがある、笑顔が自然、言葉のキャッチボールができる、

会話に間がある、謙虚な自信がある、誠実である、思いやりがある、そして、

 

うわっつらの優しさがある。。。

 

婚活マスター水野愛也先生の「うわっつらKINDNESS理論」に基づき、

「うわっつらの優しさ」を少々加えて、お見合いやお付き合いに臨むと良いかもしれません。

 

ちょっぴり毒舌な愛也先生ですが、愛情込めてこんなふうに語っています。

 

好きな男性のタイプを質問された女のほとんどが「優しい人」と答える。

お前たち(私が言ってるんじゃなくて愛也先生のセリフです)は、

「こういうことすれば優しいって思われるかな」とか、

勝手な想像と解釈で、思い思いの優しさを女にぶつけていく。

結果、女に「優しい」と思われることは一生ない。

いいか?女の言う「優しさ」とは、一言で言ってしまえば「表面上の優しさ」である。

女は、お前たちの「内面の優しさ」なんか見とらん。

 

以上、水野愛也先生でした!

うわっつらKINDNESSの行動についてはLOVE理論をお読みください。

又は、IMAにお尋ねください。

 

内面や性格を見てもらうまでに至らずフラれてしまう。。。

そうだとしたら、うわっつらが必要なのかもしれません。

 

たかがうわっつら、されどうわっつら。

アナタの優しさ、伝わっていますか?

 

もしカノジョが「ティファニーで朝食をとりたいの」と言ったなら

「もちろOK」とにっこりしてあげてください

ほんとうにティファニーで朝食が食べれるようになりました

(米在住妹からの写真)