4回目のありがとうはアイシテルの始まり

4回目のありがとうはアイシテルの始まり

カテゴリー:おとめ山ダイアリー, 新着情報

 

2月も成婚結婚出産の幸せ月でした。3月もめでたい月にしますっ!

 

ちゃんと「ありがとう」を伝えてますか?

心の中でつぶやいてもダメ。きちんと文字にしたり、声にしたり、形にしてくださいね。

「うれしいお返事ありがとう。これからよろしくお願いします」

*お見合い後のファーストコールで1回目のありがとうを。

「美味しいお食事ごちそうさまでした。ありがとう」

初めてのランチデート後のお礼メールに2回目のありがとう。

「観たかった映画に誘ってくれて、ありがとう」

2回目デートの帰り道に3回目のありがとうをスタンプと共に送って。

「チームラボ、ほんとに楽しかった!ありがとう。また行きたいね」

3回目デートの最中に4回目のありがとうを交わして。

こうやってありがとうをつなぎながらアイシテルへ。

最初から「好き」ましてや「愛してる」の関係が築かれることなんて稀のまれ。

「ありがとう」を二人の架け橋にしてだんだん距離を縮めていけばいいのです。

ありがとうは二人のつなぎ言葉。

なかでも4回目のありがとうはスペシャルサンキュー。

二人の明るい未来を予感させるありがとう。

ありがとうを口ずさむたび、あなたの世界は変わっていきます。もちろん二人の世界もね。

ありがとうに匹敵する言葉は他にもあるけれど、

二人の関係性を築いてくれる力はありがとうがダントツだと思います。

 

有り難くが変形した言葉がありがとう-巡り合ったご縁はめったにあるものではなく貴重なもの、

まさに有り難い存在。

「僕が文ちゃんを愛していると云ふ事を知って貰へたら」とラブレターを書いた芥川龍之介のようになれる

のなら話は別ですが、そんなの難易度高すぎと思う方は、「ありがとう」を送ってくださいね。

「ありがとう。今度は海に行きたいな」とか

「ありがとう。桜が咲いたらお弁当つくるから、お花見しようね」とか、

ありがとうに未来を添えればアイシテルが始まるかも。

 

週末のデートにありがとうの花束を?

皆さま。今月もIMAブログをお読みくださりありがとうございました。

来月3月は冬と春の境目の季節。

弥生の空の下、素敵なラブストーリーが広がりますように。

来月もお楽しみに?