年代別婚活百景-理想と現実の狭間で繰り広げられる良縁さがし

年代別婚活百景-理想と現実の狭間で繰り広げられる良縁さがし

カテゴリー:おとめ山ダイアリー, 新着情報

 

~結婚相談所婚活で若手会員さんたちが理想に掲げることは~

20代から32歳頃までの会員さんたちが理想とする年齢差は3歳以内。

3つぐらい年上女性OKな男性も増えてきました。

「一緒に力を合わせて頑張ろうね」スタイルの結婚生活を望み、男女共「同じ年齢ぐらい」が理想。

希望条件(共働き、家事育児協力)が一致する、限りなく同級生婚が実現しやすいお年頃です。

お相手選びにおいて、「気が合う人」が最も大事な要素。フィーリング重視です。

 

~35歳を過ぎアラフォーに近づくにつれて少しずつ風景が変わってきます~

男性は、「できれば年下女性(35歳位迄)と結婚したいです」に移り変わっていきます。

そして女性も「結婚相手は年下でもいい」と思い始める頃。

40歳前後はすれ違いが起きやすい微妙な婚活世代です。

たとえば42歳男性と39歳女性の組み合わせっていいと思うんですけど、

42歳男性は32歳女性を追いかけて、結果バッサリ切られる。

41歳女性が40歳男性に出したオファーが砕け散ったり、切なさにぐっときます。

このすれ違い問題をどう解決するか・・・仲人にご相談くださいませ。

~45歳を過ぎるとこれまた違った景色が~

 

あまり年齢差がないカップルの誕生もちらほら。47歳と48歳とか、49歳と51歳とか、56歳と60歳とか。

「二人で楽しもうよ!!」スタイルに変化するようです。こういう大人婚もピュアでステキですよね。

こんな牧歌的な景色の一方で、50歳過ぎの男性が35歳迄の女性にアプローチし続ける荒野も。

男性の本能としてわからないでもありませんが、素敵な40代女性たちとのご縁を逃してしまっているのが

悲しいの。婚活風景も寂れがちになるし、、

~複雑なのは~

 

たとえば41歳女性と43歳男性の組み合わせなどで、すごく気が合うし、一緒にいて楽だし、

楽しい心地いいと言っていたのに、出産を意識したらやっぱり37歳までかな、

強引に自分の気持ちをシフトさせてしまうケースです。

自分の気持ちには正直になったほうが幸せになれると思うのだけど・・・愛あっての子宝です。

~最近うれしかったのは~

 

42歳IMA女子と39歳男性の真剣交際!ラブラブなんて古い表現しちゃいますが、ほんとにそうなんです。

こういうカップルっていいな~と思います。たまたまお見合いで出会っただけという雰囲気で、

すご~く楽で楽しそうです。

~そしてさらにうれしかったのは昨日のご成婚~

 

IMA女子41歳、お相手男性40歳の素敵なカップル!

午前中にお二人で仲良くIMAへお運びくださいました。楽しかったぁ~、いろいろお話ができて。

彼の優しさ温かさに触れることができました。太鼓判の婚約者さんでした。

初めて会ったその日に意気投合、「すぐ恋」のお二人でした。

こんなふうに年代別で少しずつ風景は変わりますが、良縁の源流は「好き」という優しい気持ち。

最初は条件からお相手探しに挑んだとしても、だんだんと「好き」を優先してのお相手選びに成長。

そうなれば良縁まであと少し。

 

良縁はどこにある?

理想界にも、現実界にもない。

婚活界をくまなく探してみてください。きっとあるから♡