目隠し婚活マラソン

公開日:2014年12月31日

「何度お見合いしても成功しません」

「本当に運命の人に出逢えるのでしょうか」

「私との結婚を彼はどれぐらい真剣に考えてくれているのかわからない」

「1度のデートだけでいつもフラれてしまう」

「いつワタシは結婚できるのでしょうか」

 

こんな不安な気持ちを抱えながら婚活してはいませんか?

 

「あぁ、もうイヤだ。こんな傷つく婚活ならやめてしまおう」

「思うようにいかない。。。彼(彼女)と別れてしまおうか」

「もういい!ひとりで生きていくから」

「結婚なんて墓場なんでしょっ」

 

恋の結果を求めるあまり自分を追いつめてみたり、選ばれなければ価値がないと

思い込んでみたり、素直な気持ちを自らつぶしてみたりと、ネガティブな感情に

まとわりつかれてしまうこともあるかもしれませんね。

 

恋愛(人生)は目隠ししながらマラソンしているようなもの。

その道がどこに続いているのか、のどかな春の土手なのか、冷たく固いコンクリート道

なのか、どこで曲がっているのか、坂はあるのか、障害物は?・・・一体、自分はどの地点

を走っているのかーゴールは近いのかそれとも遠いのか///

 

何も見えない!!

 

青葉城跡 伊達正宗

その戦は 勝つのか負けるのか

伊達正宗

 

そんな道を走るのですから、時には投げ出したくなってしまうのも当然なことだと思います。

すべてが明らかになるのは、その道を走りきってからです。

 

走りきったその瞬間にやっと目隠しがとれ、あなたは「結婚」か「別れ」のどちらかの

ゴールに立っています。

 

残酷ですか?わからない結末に向かって苦しいマラソンをするなんて。

でも、結末がわからないからこそわたしたちは完走できるともいえますよね?

 

一つの恋愛の結末がたとえ良くなかったとしても、そこで道が終わることはありません。

必死に完走したランナーには必ず新しい道が用意されています。

走れ!!

 

だから先が見えなくても怖がらずになんとかゴールまで走ってほしいです・・・

IMAの願いですーこれは来年へも続く祈りかな?!

 

さてさて、2014年も今日で終わりなんですね・・・今春からブログを綴ってまいりました。

読者のみなさま、ありがとうございます。

 

また、IMA会員様の活動費の一部を東日本大震災で親を亡くしたこどもたちが暮らす

「子どもの村東北」にチャリティさせていただきました。

 

愛にはいつもそばにいてほしい

子どもの村です

 

2015年もフレッシュで愛ある出会いがたくさん皆様におとずれますよう、祈っています。

どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

そして、来年もIMAをよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

2021年 IBJ PREMIUM 受賞
2022年下期 IBJ AWARD 受賞 2022年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年下期 IBJ AWARD 受賞

2022年上期・下期
2021年上期・下期
IBJ AWARD受賞
2021年
IBJ PREMIUM 2021受賞
2019年
入会優秀賞/成婚優秀賞 ダブル受賞

「婚活」受難時代

角川新書より出版された"「婚活」受難時代 "へ取材協力をいたしました。

所在地
東京都千代田区富士見1-3-11
富士見デュープレックスB‘s 4F

相談所へのアクセス

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。

角川新書 「婚活」受難時代 取材協力しました!