男女関係 フランスでは

公開日:2014年06月23日

少子化の問題を討議するときによく引用される国といえば、フランス。日本人がフランス人のように

生きて行けるかどうかは別として、その視点は興味深いものです。l’amour(愛)の国で生きる男女は

どのような価値観をもっているのでしょう。

 

先日、フランス人男性から「日本女性は男性を選ぶときに、経済力を第一にあげるそうですが本当で

すか?そして、結婚後は、テイシュ ゲンキデ ルスガイイ は妻の本音なのですか?」という質問

を受けました。

 

控えめに、「人によりますけれど」とお答えするしかありませんでした。

 

フランスでは、男性は女性へ「1.見た目」「2.優しさ」「3.信頼」「4.賢さ」を、女性は男性へ

「1.優しさ」「2.信頼」「3.おもしろい」「4.見た目」を求めるそうです。結婚前も結婚後も

愛がすべてだそうです。

 

確かに経済力はどこにも出てきません。しかし、それは女性の経済的自立が一般的なことと大いに

関係があるのだと推測します。

 

フランス国立統計経済研究所2005年調べによると、年間平均所得は男性が24,446ユーロ、女性が19,818ユーロ

で、所得の男女比は、男性を100とすると女性は81という結果がでています。

 

家事は分担制、経済に関することは一緒に決める、一番大事なことは二人に愛があるかどうか

 

今、女性をとりまく環境を大急ぎでととのえようと頑張っている日本。次第に「経済力よりも〇〇」

と考える女性も増えてくるのではないかと思います。

 

3高とか4低とか、時代とともに変わる価値観に流されず、いつの時代にも変わらない大事なものに

目を向けて行くことが、本物の幸せをみつける道につながると信じたいです。

 

ほんの少しフランス人を見習って、「にこだわってみるのもいいんじゃないかしら。

 

愛はお金では買えないんじゃないの?~フランス人より~

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

2021年 IBJ PREMIUM 受賞
2022年下期 IBJ AWARD 受賞 2022年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年下期 IBJ AWARD 受賞

2022年上期・下期
2021年上期・下期
IBJ AWARD受賞
2021年
IBJ PREMIUM 2021受賞
2019年
入会優秀賞/成婚優秀賞 ダブル受賞

「婚活」受難時代

角川新書より出版された"「婚活」受難時代 "へ取材協力をいたしました。

所在地
東京都千代田区富士見1-3-11
富士見デュープレックスB‘s 4F

相談所へのアクセス

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。

角川新書 「婚活」受難時代 取材協力しました!