再び愛也先生から婚活男子へメッセージ

公開日:2015年01月07日

去年の夏頃、水野愛也先生の「LOVE理論」をご紹介しましたよね。その本に綴じ込み付録が

ついていたんです!題して「戦場のメリークリスマス理論」。

~この付録は愛也からのクリスマスプレゼントである。今年(2014年)の12月24日まで決して

開かないこと~と書かれてありまして・・・ゴメンナサイ忘れていました、本日、今、封を切ります。

 

何が書いてあるのかな~~~~~どれどれ。。。わっ~~~~

 

このページを開いたということは、今、まさに迫りくるクリスマスを彼女ナシで過ごすことが

確定しているということだな?そんなお前に、まずこの言葉を贈ろう。

ー死になさいー

だが、今ここで生まれ変わることを誓うのならー今年のクリスマス、奇跡が起きる。

 

奇跡を起こすための究極の恋愛理論を披露してくれています。

愛也先生のイタイ経験に基づいて編み出されたスゴイ理論が炸裂★

ある年の12月24日、クリスマスイブ。まだ付き合ってはいなかったが、24日を一緒に過ごす

約束を取りつけていた女子から連絡があった。

「ぎっくり腰になりましたので行けません」(スゴイ理由をかんがえたもんだ、ですね)

この報告を受け、一方的に電話を切られた。待ち合わせの時刻、10分前である。

 

フツーはここで「フラれました」でThe endだけれど、さすがひねりの愛也です。

どんな状況下でも新理論を生み出してしまうんだから・・・下記のような理論にたどり

つくまでの説明はここでは割愛いたしますが、こんなことが言えるらしいです。

 

1.モテる女性に限って、Xmasは意外に寂しい思いをしている

2.モテる女性は群れずにXmasを過ごしているようだ

3.モテル女性の寂しさがピークに達するのは「クリスマスイブ午後6時から9時」

 

どうです?モテ女子、当たってますか?

 

誰もがデートすることをあきらめたクリスマスイブからの2日間は、実は年に一度の

ビッグチャンスであり、クリスマスは単なるイベントではなく、街は「戦場」と変わり、

最も過酷な一日なのだということです。

 

「モテなくて、モテたくて」何でもしてきた愛也が言うのだから、そうだと思います。

機会があったら是非あたたかいメッセージに触れてみてくださいね。

 

「女は、好きになった男のすべてを好きになる」

「この世の中には、キムタクよりお前のほうがカッコイイと言う女が必ずいる」

生まれつき、人に誇れるルックスも、人が羨む頭脳才能も、何も持っていない。

でも「持っていない」という事実こそが世界からの贈り物なんだ。

 

 戦争や内戦で死と向き合う危険な状況の国々で暮らす男子よりも

日本男子の幸福度は低いという 驚くべき結果が昨年報道されました

う~ん あまり色々と頭で考えずに 幸せになろうよ(寅さんより)

とらさんとさくらの店で

愛也、エールをありがとう。IMAもそう思います。

 

持っていないからこそ努力するーその行動力そのものが魅力的ですし、そうやって

人間力が備わってくるんだと思います。「どうせ」とか「これしかできない」とか

「不得意なんで」と思わずに、「やってみる」「やってみせる」ことが大事です。

 

何よりもそんな姿はカッコイイ。

 

「自分という名の井戸を掘り続けよ!その先に運命の人が現れる」

いつも叱咤激励している愛也先生同様、IMAも成長株(になろうと頑張る)男子を

応援しています!!!

 

 

 

 

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

2021年 IBJ PREMIUM 受賞
2022年下期 IBJ AWARD 受賞 2022年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年下期 IBJ AWARD 受賞

2022年上期・下期
2021年上期・下期
IBJ AWARD受賞
2021年
IBJ PREMIUM 2021受賞
2019年
入会優秀賞/成婚優秀賞 ダブル受賞

「婚活」受難時代

角川新書より出版された"「婚活」受難時代 "へ取材協力をいたしました。

所在地
東京都千代田区富士見1-3-11
富士見デュープレックスB‘s 4F

相談所へのアクセス

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。

角川新書 「婚活」受難時代 取材協力しました!