プロポーズラプソディ

2015年05月25日

Is this the life ~Is this just fantasy~(QUEEN:ボヘミアンラプソディから)。

これは現実なのか?それともただの幻か・・・

婚活男子諸君、やっぱり現実でしょ!目の前の素敵な女性と結婚したいのなら迷わずプロポーズです。

そうしないと、彼女との結婚生活はただの幻となるでしょう。

 

No escape from reality. 現実から逃れることはできませんよ~

ちゃんと思いを伝えなくてはなりません。もごもごではなく、はっきりと「結婚してください」と。

 

このシンプルとも言える行動がとれなくて、あとちょっとというところで残念な結果になる男子も

お見受けいたします。何も難しくはありません。「結婚してください」だけで良いのです。

 

と、ここまで書いて・・・一抹の不安がもたげてきました。

プロポーズしようと心を決める前にするべきことはしているでしょうか?

ここを飛ばして「突然プロポーズ」をしても、スムーズにいかない場合がありますのでご注意くださいね。

 

大切なのは、「プロポーズするよ~。そろそろするからね」と、事前に表現できているかどうかということ。

それと、「プロポーズしてくれたら、受けるわよ」の雰囲気をつくること。

 

・手をつないだことがある(いつも手をつないでいる)

・二人の思い出の場所がある

・未来(5年先程度でOK)の話をしたことがある

・家族や子供時代の話題で盛り上がったことがある 

 

最低限、これくらいのコミュニケーションははかった方が良いと思います。

プロポーズを受けてくれるかどうかの判断材料になるからです。

また、受けるかどうかを決める判断材料にもなるでしょう。

 

中でも「手をつなぐ」ことは絶対にしてほしいと願っています。

手をつないで感じるぬくもりに、人は幸せを感じるものです。*好きな人だったらですけど

多くを語らずとも、好意や愛情を自然に伝えることができるはずです。

 

そして、手をつなぐことをおすすめするもう一つの理由は、手をつないだ時の心の動きを確認して

いただきたいからです。「あれっ?何か違う」と感じるか、「あぁ、やっぱりこの人だ」と落ち着くか・・・

 

手をつないで何も感じない。居心地が悪かった。

だとしたら、その直観を大事にした方が賢明でしょう。

「頭で婚活する」ことはできても「頭で結婚を続ける」ことはなかなか難しいと思います。

どんなにプロフィールが素晴らしくても、それだけでは幸せにはなれません。

心を大切に、自分の気持ちには素直に従った方が良さそうです。

 

web画面での出会い~お見合いでの本物の出会い~お付き合い~プロポーズ

様々なドラマが繰り広げられます。まさにラプソディではないでしょうか。

 

男子は、プロポーズ前にいくつかのステップをしっかりと踏み、確認し、プロポーズする気配を

漂わせること。そして、プロポーズは、はっきりと「結婚してください」を伝えること。

女子は、プロポーズの気配を感じたら、断らない空気をそれとなくサインとして送ることです。

 

世界に一つだけのお二人のラプソディを奏でてください♪

 

池袋でパパと一緒にセッション!

どちらが主役というわけではなく

どちらも主役

DSC_0500

 

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

住所
東京都千代田区二番町9番3号 山陽電工ビル1F

相談所へのアクセス

ご成婚実績

これまでにご成婚された方々のストーリーを紹介しています。
会員様のプライバシー保護のため、お名前、年齢、職業は、仮のものにしています。

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。