リケダンの恋人

公開日:2018年01月25日

書こう書こうと思っていて書き忘れていたリケダンのお話を綴ります。

 

去年の夏のことでした。

熱く焼けた目白通りをてくてく歩き、小さな日陰で信号が青に変わるのを待っていた時、

IMAの卒業生が向こう側を歩いているのに気づきました。

 

「あ、○○くん」

 

え~っ、どうして目白通り歩いてるの?うわーっ何年ぶりかしら?

声かけたいけど赤信号だし、お互い恥ずかしいからやめておこう。

と思いながら彼の姿を追っておりました。

 

見違えるほど素敵な男性になっていらして、

服装のセンスや品格から幸せな結婚生活がぽわんと浮かびました。

ほんとうに立派になっていたのです。イヤもともとその素質十分だったのですけれど・・・

より磨かれたんですね。

 

○○くんは理系男子。今はリケパパ。

 

男子一貫校から男子比率の高い大学大学院で学生時代を過ごし、

その後も男性ばかりの職場で仕事道をひたすらまっすぐ寄り道せずに歩いてきたリケダンでした(です。)

 

34歳の時、大手結婚相談所で婚活をするも上手くいかず、

35歳でIMA婚活をはじめ、半年でご卒業された優等生。

 

口癖は、「女性は異星人」。

 

女性の気持ちがわからなくて本当に苦労されていましたね。

なにしろ『察する』のが苦手。

お見合いの1時間位はどうにかなるものの、デートの時間は地獄だったみたいです。

 

女性の話に耳を傾けることはできても、上手に返すことができない。

趣味や研究対象にこだわりがあり、その分野を語りはじめると止まらなくなる。

 

つまりコミュニケーション力が低かったというか、下手だったわけです。

 

じゃぁどうしたのか?

どうもしていません。

 

そのままの彼を好きになってくれる女性の登場を信じて待っていただけ。

リケダンは婚活市場で大人気だからお見合いに困ることはないだろう、

そう予想して強気戦略を実行させていただきました。

 

信じたとおり、現れました。彼を大好きになってくれた女性が。

いつも「スゴイ!」と感動してくれた彼女です。

 

大学時代の研究課題に「すごい」

仕事内容に「すごい」

海外出張に「すごい」

 

結婚相手は、彼と正反対のタイプの女性。女子一貫校から女子大、職場は9割が女性。

おしゃれで可愛くてよく笑う活動的な女性です。

 

理系男子の特長は温厚で誠実で真面目で純粋なところ。

女性の気持ちがわからなくても、ちょっとぎこちなくても、それは女性が教えてあげれば解決すること。

素直だから、女性好みの立派な夫や父親に成長します。

 

リケダンの気持ちを受け止めてあげられそうと思った女性

磨いてもらえたら光れるかも、と思った男性

 

どうぞIMAへいらしてくださいね。 

 

雪道散歩中に出会ったキュートな子

歩かなくちゃ出会いはない

婚活してね

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

2021年 IBJ PREMIUM 受賞
2022年下期 IBJ AWARD 受賞 2022年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年下期 IBJ AWARD 受賞

2022年上期・下期
2021年上期・下期
IBJ AWARD受賞
2021年
IBJ PREMIUM 2021受賞
2019年
入会優秀賞/成婚優秀賞 ダブル受賞

「婚活」受難時代

角川新書より出版された"「婚活」受難時代 "へ取材協力をいたしました。

所在地
東京都千代田区富士見1-3-11
富士見デュープレックスB‘s 4F

相談所へのアクセス

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。

角川新書 「婚活」受難時代 取材協力しました!