最近の結婚観をデータから読む①

公開日:2014年06月12日

未婚化、晩婚化の問題は政府も頭を悩ませているところです。1980年代では20代の後半ともなると、

男性の約半数、女性の7割ほどの方が結婚していました。

 

2010年の国立社会保障・人口問題研究所の調べによると、25歳~29歳男性の71.8%女性60.3%、

30~34歳男性の47.3%女性34.5%が未婚との調査結果がでています。

 

けれども、未婚の方の9割の方が「結婚したい」と希望していることも事実です。大半の未婚男女が

結婚を望んでいるのに、それに反して未婚化、晩婚化が進んでいるのはなぜなのでしょうか。

 

その理由として、男女とも1位に上がっているのが「適当な相手にめぐり会わない」男性46.2%女性51.3%。

結婚相談所入会の理由も「結婚に結びつく出会いがないので」という内容が一番多いです。

 

1987年と2010年の調査によると、「お見合いでの出会い」は22.4%から5.2%まで大きく下がっています。

この数字を昔の時代の数字まで戻すことができれば、多少なりとも未婚率に貢献できるのではないかと、

頑張っているIMAです。

 

お見合いの形も進化しました。昔のように義理立てを心配するスタイルではありません。自分の気持ち

を軸にして「お見合い」する時代です。「現代型お見合い」に挑戦してみませんか?

 

「いつか結婚できるだろう、焦らなくても自分にあった人が現れるだろう」と良縁を待っているだけで

は、なかなか難しい時代になってしまったと痛感する日々です。今の若い方々は就職にしろ結婚にしろ

本当に大変だと思います。

 

今日のデータはほんの一例です。愕然とするデータも安心するデータもまだまだ手元にあります。

地に足ついた婚活」を行うためにも、現状を知ることは大切なことだと思います。バラ色のお話

ばかり続けたいところですが、その点はご了承くださいね。

 

では明日は少し気分を変えて「恋」のお話などを。

「目白 恋するアベニュー」でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

2021年 IBJ PREMIUM 受賞
2022年下期 IBJ AWARD 受賞 2022年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年下期 IBJ AWARD 受賞

2022年上期・下期
2021年上期・下期
IBJ AWARD受賞
2021年
IBJ PREMIUM 2021受賞
2019年
入会優秀賞/成婚優秀賞 ダブル受賞

「婚活」受難時代

角川新書より出版された"「婚活」受難時代 "へ取材協力をいたしました。

所在地
東京都千代田区富士見1-3-11
富士見デュープレックスB‘s 4F

相談所へのアクセス

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。

角川新書 「婚活」受難時代 取材協力しました!