中吉の幸せがいいー2020年初ブログは仲人のつぶやき満載

公開日:2020年01月25日

おみくじつきプリンにわくわく。さてさて・・・「ちゅうきちー!大吉じゃなかったみたいね」と夫に言いましたら、「なんで?いいじゃないか。中吉が一番いいんだよ。」と大満足の様子。その数日後、あるドキュメンタリーを観て、あらためて中吉の幸せをかみしめた私です。

認知症専門医が認知症になってという番組の中で、ものすごく響いた言葉があったのです。ちょっとIMA風になってしまいますが、お伝えしたいと思います。

90歳と85歳ぐらいのご夫婦のお話でした。
「朝起きたら、妻が声をかけてくれる。『調子はどう?眠れた?』と。ささやかな会話が、自分がココにいる、自分でいることの確からしさを僕に与えてくれるんだ。安心なんだ。安心がある。妻がいてくれれば。」

婚活は結婚のための活動だから目的がはっきりしています。だから「どうして婚活しなければいけないのでしょうか?」というご質問を受けることはまずないです。では結婚は?

結婚は何のためにするの?
結婚するとどんないいことがあるんですか?
結婚のメリットデメリットを教えてくれませんか?

このようなご質問をいただくこと・・・ここ2年ぐらいでとっても増えました。結婚してもしなくてもいい時代に生まれた若人たちの叫びにも似た質問ですね。

結婚するとは誰かと新しい人生のユニットを組むということ。それぞれの人生を持ち寄って、新しい人生を切りひらくということ。
一人の気まま旅から二人の冒険の旅へと出かけること。ひとり旅では味わえない出来事を味わうことができるというのが、結婚の最大の魅力だと思います。魅力というのはメリットだけを意味しているのではありません。デメリットも含めての魅力です。気ままではいられなくなるーそれが結婚なのだから。

感動することもあれば面倒なこともあり、喜びもあれば時に苦しみもあり、そんなこともあんなこともぜ~んぶ引き受けなければならないこともあり、仕方ないねとあきらめを知る時もあるでしょう。そんな風に、ユニットの相方と春夏秋冬を何度も何十回も過ごしていくのが結婚生活です。

ある日、自分と妻(夫)が似てきたような不思議に包まれることがあるでしょう。
ある日、出張で不在の夫(妻)に郷愁みたいなものを覚えるかもしれません。
またある日、無言で素麺をすすっている自分たちが一体化したような奇妙な感覚に襲われるかもしれません。

そして、ある春の日。
妻(夫)がいることで、自分の存在を確かめられるぐらいの幸せな気づきを頂けるのでしょう。

結婚は何のためにするの?
二人で冒険して多くの経験を積んで沢山の思い出をつくるためなんじゃないかと思う今日この頃です。

結婚するとどんないいことがあるんですか?
自分ひとりでは経験できないことを味わえます。でも、いつも楽しいばかりじゃありません。身につくナニカが沢山あります。

結婚のメリットデメリットを教えてくれませんか?
メリットとデメリットが混在しているのが結婚ですが、「この人と結婚してほんとうに良かった」と思える日が訪れれば、そのことがメリットなのではないでしょうか?先の先のずっと先のお話ですが・・・

夫と妻の間にあるもの・真ん中にあってほしいもの。それは大きな幸せではなく、中くらいのつつがない幸せ。それも日々の中では気づかないくらいの中くらいの当たり前のような幸せ。結婚のその先のずっと先の幸せを見据えながら、2020年も中吉みたいに程よくとろける甘い幸せを、皆様と作りたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

2021年 IBJ PREMIUM 受賞
2022年下期 IBJ AWARD 受賞 2022年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年下期 IBJ AWARD 受賞

2022年上期・下期
2021年上期・下期
IBJ AWARD受賞
2021年
IBJ PREMIUM 2021受賞
2019年
入会優秀賞/成婚優秀賞 ダブル受賞

「婚活」受難時代

角川新書より出版された"「婚活」受難時代 "へ取材協力をいたしました。

所在地
東京都千代田区富士見1-3-11
富士見デュープレックスB‘s 4F

相談所へのアクセス

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。

角川新書 「婚活」受難時代 取材協力しました!