お見合い写真は重要。奇跡の1枚、だけど「別人」にはならないで!

投稿者 IMA-MIHO
公開日:2021年06月18日

アシスタントMIHOです。

 

さて今回は結婚相談所に入会する時に必ず必要な「お見合い写真」について。

 

まず、私が今までに実際見たNGお見合い写真について紹介します。

・飲み屋で撮った写真(どうして!)

・背景がどうみても自宅(生活感!)

・画像がとても荒い写真(いつの写真!)

・旅行中の写真(そりゃ自然な笑顔ですけど・・)

・きっと身分証明写真(使い回すんじゃない!)

・車と共に(お見合いする気ある?)

・全身ショットで顔が小さくて見えにくい(上半身だけでいいのよ!)

・10年以上前らしき写真(もはや詐欺)

 

こういう写真を見るたびに(余計なお世話ですが)その写真の人が所属している相談所は何故「写真についてのアドバイス」しないんだろう…と本当に思います。

 

何故かというと、お見合い写真はIBJのシステムのプロフィール画面で比較的大きく配置されているので自然にお相手の情報として自然に一番最初に目する部分になります。

確かに「写真は参考程度。条件(年収等)が最高ならOK」という人にとっては結果的には写真は二の次かもしれませんが、大多数はお見合い写真から受ける印象でその人の婚活に対する本気度や性格さえ無意識に読み取ろうとしています。写真の印象が悪ければ相手から即刻「この人とは(お見合いは)無いな」と判断される可能性も十分にあるのです。

 

なのでお見合い写真は婚活の今後を左右する「重要事項」の一つなのです。

 

では良いお見合い写真を撮るにはどうしたらいいかの解説をしていきます。

 

ポイントその1:写真はフォトスタジオで

是非ともお見合い撮影のプロに依頼して撮影されることをお勧めします。素人が撮影したものや自撮りをしたものとプロのカメラマンの写真を比べるとわかりますがプロは「その人らしさや作り笑顔ではない自然な笑顔」を引き出してくれるのでやはり出来上がりに歴然の差がでます。

※婚活IMAでは入会の際にお見合い写真に慣れたフォトスタジオのご紹介もしていますので安心してください。

 

ポイントその2:服装について

男女共通:服装で個性や過度な華やかさは不要!清潔感が必要!

またセーターなどで季節感は出さない方が通年対応出来るので無難です。

女性:ワンピース、ブラウスにスカート、あまりにも柄が入ったワンピースなど顔の印象より柄が脳裏に残ってしますのでお勧めしません。またカッチリしたスーツは就職活動、転職活動風になってしまします。服の色については自分の顔色に合う明るい色を選びましょう。

男性:男性を2割増しに見せるのがスーツ。スーツ姿が嫌いな女子は居ません(MIHO調べ)。またはノータイでもジャケット着用がお勧めです。

普段、スーツが不要なお仕事だとしても、今後のお見合いで必要になりますし婚活をきっかけにスーツ、ジャケットを購入しても損は無いと思います。

 

ポイントその3:表情は笑顔

お見合いは就職活動ではありません。唇が一文字の真面目な顔は不要。絶対スマイルです!

私が今までたくさんの会員さんの写真を見てきてベストの表情は「口角上げるだけではなくて少し歯が見えるくらいのニッコリ」だと確信しています。この人といるとなんか楽しそうだなとポジティブな雰囲気を異性に感じてもらえるとベストです。

 

ポイントその4:お見合い写真に「自分らしさ」が欲しい場合

お見合い写真は導入部です。もし普段の気取らない自分も見て欲しいと思うならIBJのシステムではプライベートが垣間見れる写真もアプリ内に投稿できるので、お見合い写真とは違う自分はそこでアピールをしてください。(ただしトップ画面には向いてません)

 

ポイントその5:「別人レベル」の「奇跡の1枚」にしない

実はこれがポイントの中で一番言いたかったことです。

会員さんからのお見合い相手の感想で「写真と印象が違った」というのが意外にあります。要するに写真と別人だったという事ををやんわり言っているんですよね。最近ではうちの会員さんから「お相手が写真とあまりにも(顔が)違うので、その後の会話の内容が頭に入ってこなかった」というコメントがありました。

このご時世スマホでさえも色んな加工ができる時代です。フォトスタジオで撮ってもらうとオプションで写真を「手直し(フォトレタッチ)」してくれるスタジオがほとんどだと思います。私も経験があるのですが、一つ修整すると「あ、ここも、あすこも、ここも〜」とどんどん手直ししたくなるんです。でも自分の欲望のまま全てを修整してしまうと出来上がりは「別人」です。

もし、お見合い当日写真、写真と全く別の顔をした人が現れたらあなたはどう思いますか?当然びっくりしますし「写真の中の相手」がタイプであればあるほどがっかりが倍増しますよね。また何故か騙された気持ちになり、その後その人を信用出来なくなるかもしれません。その上「あー、この人自分に自信がない人なんだな」とも感じますよね。

 

なのでいくらお見合い出来るチャンスと増やしたいからといって「別人」になってはいけません。

お勧めは本来の自分の「1〜2割増し」程度。具体的にいうと女性だと厚化粧とライティングで実際にそこまでもっていける程度→要するに肌のコンディションの修整、ちょこっと法令線を消す、クマを隠す程度です。今の技術ではぶっちゃけ体型も骨格も顔の形も思い通りに修整出来ますが、それはやめておきましょう。体型はポージングで痩せ見えするようにカメラマンの方にアドバイスを受けて臨みましょう。そうすれば比較的ナチュラルに痩せ見えします。

 

婚活で相手に求める要素の1つに「信頼感」があります。

お見合い写真を修正し過ぎて会った瞬間から信頼感を無くすのは逆効果です。

 

奇跡の1枚。でも「別人」ではなく「ほぼ自分」で自信をもって婚活しましょう。

2回目会う時からは内面で勝負です。

 

 

婚活IMAではお見合い写真から成婚までいろいろご相談に乗ります。

お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

2021年上期
IBJ AWARD 受賞。
2019年
入会優秀賞/成婚優秀賞をダブル受賞いたしました。

「婚活」受難時代

角川新書より出版された"「婚活」受難時代 "へ取材協力をいたしました。

住所
東京都千代田区二番町9番3号 THE BASE 麹町

相談所へのアクセス

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。

角川新書 「婚活」受難時代 取材協力しました!