婚活で仮&真剣交際中の喧嘩はアリかナシか

投稿者 IMA-MIHO
公開日:2021年11月26日

アシスタントMIHOです。

 

カップル、夫婦、友達・・長年付き合ってると喧嘩の1つや2つはあると思います。

私が相手と喧嘩した場合(というか私が一方的に怒ってる)

顔の造作は全く似てませんが(本気で残念!)

顔の表情と態度が

「別に・・」

の時の沢尻エリカみたいになります。笑

 

ま、そんな私のことはどーでもよくて。

 

 

結婚相談所で活動すると、婚活スタートから成婚退会まで最短だと3ヶ月程度

また仮交際から真剣交際へいくまでには最短で数回デートする程度

 

こんな短いスパンで真剣交際に発展した場合、なかなかお互いに自分をさらけ出して本音を言い合うのは難しいですし、そんな中些細なことでも一度喧嘩をしてしまうと多くの人は

相手が急に本性を出したような気持ちになり結局は「交際終了」になるのです。

 

結婚相談所での婚活ではびっくりするくらい「交際を終わらせる」のは簡単です。

(本人→相談所の担当が先方の担当に連絡→先方の担当が伝える→交際終了)

なのでちょっとしたケンカなのに、その時の感情だけで交際終了に至ってしまうと後の祭り。

いくら後悔しても相手とは完全に連絡は取れなくなってしまいます。

 

なので私たちは

「交際終了前に本当に終了していいのか、よく考えましょう」

とアドバイスをしたくなるのです。

 

今から”結婚相談所で婚活をされてる”皆さんへ

彼氏・彼女との仲直りのコツをお伝えしていきます。

1.不要な時間はかけるべからず

仮交際カップルが喧嘩をしてしまうと、即座に違う相手に「真剣交際」へ持っていかれる可能性が出てきます。

⇒よってすぐに仲直りすべき。

真剣交際カップルだと思って安心してはいけません、うかうかしてると「交際終了」になる可能性があります。

⇒よってすぐに仲直りすべき。

ここの「不要な時間」とは「ぐずぐずと考えてる時間」「意地を張ってる時間」です。

喧嘩の内容が「人間性を疑う内容」だとか「予想をはるかに超える価値観の違い」など結婚生活にも多々影響することなら仲直りをせずに「交際終了」してください。

でも少しでも譲歩できる内容であったり、相手が言っていた内容や言葉に少しでも譲歩や納得できるならすぐに仲直りです!

 

2.仲直りのきっかけはあなたから!

よく「男から折れるべし」等書いてある指南書はありますが、実は男女関係なく「あなたから」です。

自分が悪いなら謝るけど、相手が悪いんだから謝りたくない。。。は理解できますが、

実は相手も自分が悪いと自己嫌悪になりつつも変なプライドが邪魔をして意地になっていて謝れない場合もあります(私はどちらか言うとこのタイプ)

そこで自分も一緒になって変なプライドで意地になっていると話が捻れてしまい、結果的にお別れになるような深刻な事態を招いてしまいます。喧嘩したとしても相手と別れたくなければ「折れるが勝ち」です。

そこでプライドを捨てて相手より先に謝ることで相手は「私(僕)の方が謝らないといけないのに、なんて器のでかい奴だ。。。」と惚れ直し、今後の態度を改めようとするかもしれません。ただし、「仏の顔も三度まで」という言葉があるように

自分も相手も何度も同じことを繰り返しているといつかは愛想をつかされる可能性もあるのでご注意を。

 

3.できるだけ直接会って解決

最近ではLINEで簡単に別れを切り出すカップルが多いらしいですよね。

もう2人の感情が冷めきってて合意の上だったらそれも簡単で良いとおもいます(え?)

が、喧嘩した後にLINEだけでことを納めようとするとうまくいかない場合があります。

例えば文字から受け取る情報は「受け取り側次第」なので受け取りようによっては益々怒りを再燃させる可能性があります。でも直接会うと顔からくる情報、声の抑揚で人間は色々察知しますよね。目を見て謝られるとよっぽどのことがない限り人は許す気になるのです。

自分が悪いと思っている場合は出来るだけ直接会い誠意を込めて謝りましょう。

 

4.喧嘩の内容によっては(要)話し合い

内容がしょーもないことだったら謝って仲直りして、ハイ!終了〜

ただ、その内容が結婚生活にまで及びそうだと思ったらうやむやにするのは良くありません。

2人の将来のためにもお互いの不満を隠さずに話し合いましょう。まずは何が2人の中で相反したのかです。ただしこの時は必ず相手の考えも尊重して、また冷静に常に自分の主張だけではなく今後同じことが原因で喧嘩が起こらない様に事前にどう折り合いをつけるかを話し合ってください。

 

5.仲直りしたら完全に忘れましょう!

仲良い時は思い出さないのに何故か相手にイラッとした時に過去の喧嘩のきっかけを思い出しますよね。

人間だもの。笑

でも喧嘩して仲直りしたはずなのに蒸し返されると相手も「だったら言わせてもらうけど!」とまた新たな火種を起こしかねません。

思い出しても昔のことは蒸し返さないのが一番です。

忘れましょう!

 

 

婚活で交際中は短期決戦なのでできるだけ喧嘩はしない方が良いと思われますが

実は喧嘩することで良いこともあるんです。

・相手(自分)の怒りのツボがわかる

・相手(自分)の価値観がわかる

・相手(自分)の本性が見えるときがある

・相手(自分)の心のキャパの小ささがわかったりする

・相手を更に好きになることもある

・相手が自分にとっていかに大事かがわかる

・取り返しがつかなくなる(成婚)前にお別れができた(これは無い方が良いですが・・

 

いかがでしたでしょうか?

 

喧嘩って誰ともしたくないですが、ドラマのように(古いドラマだな。笑)喧嘩をすることによって2人の絆が深くなることもあります。

でも、やっぱりできれば喧嘩になる前に(このブログのことを思い出してもらって)お互いの意見を尊重して冷静な話し合いをし、喧嘩をしてしまっても早めに仲直りしてくださいね。

 

 

このような交際中のお悩みに我々は親身にお応えします!(ただし会員さんのみ❤️)

婚活IMAでお待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

2021年上期
IBJ AWARD 受賞。
2019年
入会優秀賞/成婚優秀賞をダブル受賞いたしました。

「婚活」受難時代

角川新書より出版された"「婚活」受難時代 "へ取材協力をいたしました。

住所
東京都千代田区二番町9番3号 THE BASE 麹町

相談所へのアクセス

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。

角川新書 「婚活」受難時代 取材協力しました!