過去を気にする男と先が気になる女

公開日:2015年06月04日

お相手様の過去、気になりますか?「こんな素敵な人がシングルなのには何かあるに違いない」

「これだけ綺麗なんだから、たぶん・・・」「離婚理由は何なんだろう」なんて。

まったく気にならないという方は少数派かもしれませんね。

 

では、男女どちらの方が過去を気にするのでしょうか?おそらく男性の方だと思いますね、IMAは。

どんな恋愛経験があるのか、元☆☆に比べて自分はどうか、隠している一面(悪い)はないかetc.

 

以前、IMA-OBがこんなことを語ってました。

 

「〇〇さん、すごく素敵です。お見合いで舞い上がってしまって支離滅裂な喋りになってしまいました」

よかったですね、お付き合いできることになって。

「〇〇さん、どうして離婚したんですかね」

わかりませんね。

きっと元の方(夫)は、自分とは比較にならないほど素晴らしかったんでしょうね」

どうでしょうかね。

「〇〇さんの学生時代が想像できますよ」  *当時、40代半ばのお二人でした

どういう風に?

「かなりの男子学生がイチコロだったと思います

もしかして、離婚理由なんか聞いたりしてませんよね?

「まさか!聞きたいわけじゃないんですけどね、知りたいですよね」

知ってどうするの?

「・・・・・」

 

知りたいけど知りたくないーこんな複雑な心理状態かと想像いたします。

 

この会話で特に気になるのは「想像できますよ」というフレーズです。

かなりのボリュームの想像をしてしまったようですよね。想像するだけでこの調子ですから、

もしも「こんな人と交際していました」、「元夫とはどこそこで出会いました」、

「離婚の理由はかくかく云々です」なんて細かな事実を聞いてしまったら、どうなっていたでしょうか。

 

この6月 ご成婚カップル2組 誕生です

好きになったら なにも気にならない

気に入らないところなんて ひとつもないそうです

 

 

過去を気にしがちな男性と比較すると、女性はどちらかというと未来を気にする生き物ではないでしょうか?結婚後の暮らしを想像しては一喜一憂なんてありませんか?

生活の安定・レベル度、家族を大事にしてくれるか、浮気はしないか、義母さんとは上手くやっていけるか、

もう考えたらきりがありません。

 

でも、ネガティブな想像はほどほどに。せっかくの良縁がだんだんと萎んでしまってはモッタイナイ。

~「案ずるより産むがやすし」~昔の人々のアドバイスに従う方が幸多いかもしれませんよ。

先ほどのIMA-OBは、デート2回目で女性の方からお断りされてしまいました。

 

「今の私を見てほしかった」というメッセージが届いたそうで・・・かなり落ち込んでいました。

何となくOBが過去を気にしているのが伝わってしまったのかもしれませんね。

 

今、輝く生き方をされているということは、過去を丁寧に真摯に生きてきたことの証です。

一緒にいると元気になるということは、どっしりした未来を築ける力を持っているということです。

 

目の前に立っている人に惹かれるのであれば、

その方の過去も未来も一緒に引き受けてしまってはどうでしょうか?

 

「覚悟」。この存在、幸せづくりの強い味方なんですけどね。。。

 

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

仲人カウンセラー証 表 仲人カウンセラー証 裏

2023年 IBJ PREMIUM 受賞

2023年上期 IBJ AWARD 受賞
2022年下期 IBJ AWARD 受賞 2022年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年下期 IBJ AWARD 受賞

IBJ PREMIUM 2023受賞
2023年上期
2022年上期・下期
2021年上期・下期
IBJ AWARD受賞
2021年
IBJ PREMIUM 2021受賞
2019年
入会優秀賞/成婚優秀賞 ダブル受賞

女性自身2023年2月21日号

光文社”女性自身2023年2月21日号”へ取材協力をいたしました。

「婚活」受難時代

角川新書より出版された"「婚活」受難時代 "へ取材協力をいたしました。

所在地
東京都千代田区富士見1-3-11
富士見デュープレックスB‘s 4F

相談所へのアクセス

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。

角川新書 「婚活」受難時代 取材協力しました!