フクヤマ、フクヤマみたいに結婚!

2015年09月30日

福山雅治さま吹石一恵さま、ご結婚おめでとうございます。

「いい友人の1人です」からスタートし、「いつしか支え合う関係」となったとのこと。

そんなお二人の軌跡はどのようなものだったのでしょうか。

 

「異性との友情は成立するのか」、「破局後も友だちとして付き合うことはできるのか」など、

友情と愛情の狭間の関係性をテーマに男女5:5で語りあったら、一体どんな意見や経験談が飛び出すのやら。。

友人と恋人の境界線は?友情が恋愛に移行する瞬間とは?徹夜覚悟の白熱戦となるかもしれませんね。

 

「男女関係(恋人関係のことだと思う)で大切なのは、見逃すことと想像すること

そう言ったのはフランソワーズ・サガン様です。

IMAが28歳の時に読んだ回想録に記してありました、確か。ナンノコッチャ?というのが当時の感想でしたけど。

 

・まぁ仕方ないか、悪気はないんだから

・何かワケがあってそうしたんだろう

・落ち込んでいるんじゃないかしら

・我慢しすぎて傷つくタイプだからな etc.

 

許したり、認めたり、そっとしてあげたり、時には強く励ましたり。

男女関係にはこのような「ほどほど」の空気感が望ましいということなのでしょう。

 

なぜ、サガンさんがこのように語るのか・・・それは・・・・

「出来そうでなかなか難しいこと」だからではないかしら?

 

恋人に対しては「ついつい我儘になってしまう」、「わかるけど何だか許せない」状態になることは?ない?

案外、異性であっても友人関係の方が「理解」「共感」が生まれやすいなんてこともあったりして・・・

そんなことを考えると、友だち→恋人→パートナーというパターンもなかなか良いかもしれませんね。

 

実際、友だちのエレメントで構成されているご夫婦ってイイ感じです。

 

「友だちからだんだん恋人、そして伴侶」という福山様ご夫妻の辿った道のりは羨ましいほど理想的です。

 

それで・・・お見合い婚活・結婚なんですが、このフクヤマご夫妻の流れに似ていると思うんですよ。

中には双方が「一目惚れ」という場合もありますが、大半の婚活者は「はじめチョロチョロ」の恋の炎です。

 

好きレベル「お友だち」からスタートし、だんだんと「恋人っぽく」なり、そして「生涯愛する人」へ。

 

 

瞬発力の恋ではなく、持久力の恋を見つけやすい、というのがお見合い婚活の醍醐味です。

 

「フクヤマ、フクヤマみたいな人と」、「できればフクヤマと」結婚したかった女子の皆様、

これからは、フクヤマみたいに結婚する!でお願いします。

フクヤマだってまだ結婚してないんだからサ とのんびり構えていた男子の皆様もフクヤマみたいにね。

 

いつもどんな時でも応援しています!!!

 

お祭りで一緒にチョコバナナを食べた仲だよね~

DSC_0639

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

住所
東京都千代田区二番町9番3号 山陽電工ビル1F

相談所へのアクセス

ご成婚実績

これまでにご成婚された方々のストーリーを紹介しています。
会員様のプライバシー保護のため、お名前、年齢、職業は、仮のものにしています。

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。