お友だちからお願いします!!

2015年10月03日

昨年ブログUPした「フクヤマ、フクヤマみたいな」。当時もかなりの反響がありましたが、

今回の「フクヤマ、フクヤマみたいに結婚!」は更なるものであります。某TVや出版社からもコメント依頼が

ありました。多くの質問の中からいくつかを選んでIMAの見解などをお伝えしようかと思います。

 

~そもそも、友だち関係から夫婦関係に発展することは可能なのか~

 

結論を先に申し上げるのならば「YES」です。

というよりも、すべてのカップルは友だちだった・・・と言えなくもないですね。

 

どんなご夫婦でも「知り合う」というプロセスを経てパートナーとなっていらっしゃいます。

知り合って、「信用できる」「優しそうだ」「しっかりしてる」「明るい」「楽しい」「真面目」等、

ルックス(生理的)も含めて印象を確かめる期間は「まだホンノ知り合い」ですよね。

そこからお互いが好印象となれば「友だち」になる。

 

友だちになりたくない人と恋人やましてや夫婦になることなんてありえませんよね?ココ基本ね。

 

そして、「友だち」から脱皮するイベント的サプライズが起きたカップルだけが恋人や夫婦に移行するのです。

 

イベント的サプライズについては次回にお話しようと思います。

 

赤い糸は1本ではなく何本も何十本もあるという説があります。おそらくそうだと思います。

通り過ぎる出会いを含めればかなりたくさんの出会いがあるでしょう。

 

その出会いが友だちに発展するのか、友だち止まりとなるか、

恋人まで進むか、はたまた恋人で終わるか、

ついに生涯のパートナーの位置まで上がるか

 

各出会いがどのような繋がりになるかは、様々な偶然やタイミングなどが微妙に関係してきます。

もちろん、ステップアップにかかる時間は決まっていませんから、瞬時にトントン行く場合もあるし、

ノロノロ進む場合もあるし、あっちに行ったりこっちに行ったりの時もあるし、

何となく何者かに決められてそうなってしまうケースもあったりします。

 

いずれにしても、どんな男女関係もこのようなプロセスで築かれるワケで、

この逆プロセスというのはあり得ません!ということで、どんなカップルも初めは友だちだったと考えます。

「一目惚れ同士即恋人」であっても、一瞬「友だち」になっているような気がします。

 

集団お見合い番組の告白タイムを思い出しましょう。

 

「〇〇さんが最後まで気になりました。もっとお話させて下さい。よろしくお願いします!」

と、意を決して男性が意中の女性に花束を差し出します。

「私も◇◇さんともっとお話したいです。お友だちからお願いします」

と、女性は花束を受け取り、その後お二人は腕を組んでどこかに~結婚するカップルはどれくらいの割合かな?

 

まさにアレですー

 

結婚相談所でのお見合いも同じで、お見合い後のお返事が双方とも「交際希望」であったとして、

デートをしたとしても、「その時点では、まだカレ氏カノ女じゃない」ということです。

 

だから必要以上に神経をつかってお相手を観察するなどしなくてもいいのですー徒労に終わることもあるし・・

かと言って、気を抜きすぎてズーズーしい振る舞いをすることなかれ!ー痛い思いをしますよ~

 

結婚相談所の交際ルールこそ、「お友だちからお願いします」なのです。

 

「友だちになりたいぐらい信用できる人なのか」

「親友になりたいぐらい心を打ち明けられる人なのか」

「心友になりたいぐらい支えたい人なのか」

 

結婚相談所の交際時間はおよそ2184時間。

時間内に友だちを越えるような「イベント的サプライズ」が起きるかどうかっ!

 

 

では次回はこのサプライズについて。

 

新宿京王プラザホテル ティーラウンジ朝

ホテルの人も お見合いの準備?

DSC_0669

DSC_0669

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

住所
東京都千代田区二番町9番3号 山陽電工ビル1F

相談所へのアクセス

ご成婚実績

これまでにご成婚された方々のストーリーを紹介しています。
会員様のプライバシー保護のため、お名前、年齢、職業は、仮のものにしています。

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。