異国におでかけ

2016年08月22日

この夏、婚約者として、ご夫婦として、真剣交際カップルとして、

お相手様の故郷をたずねた方もいらっしゃることと思います。

 

「?」「???」という出来事などあったかしら・・・

「!」「!!!」と感じたことも・・・

 

ご自身が育った環境と同じお家はありませんから、

そわそわ落ち着かなかったかもしれません。

すごく疲れてのびてしまったぁなんてことも、

あんがい楽しめた方もチラホラ。

 

わたしはこの夏も主人の故郷、秋田角館の山奥に帰りました。

青々とした水田と連なる山々、梅花藻(ばいかも)がゆらゆらと咲く水路をのぞきながら、

草いきれにこもる緑の道を、キャリーバッグをゴロゴロひっぱりながら主人と歩きました。

 

♪~MORIOKAというその響きがロシア語みたいだった♪~と、歌いながら。

松任谷由実さんの「緑の町に舞い降りて」のフレーズ。

 

はじめて内陸縦貫鉄道の無人駅に降り立ったあの日あの時から、

帰省する度に口ずさんでしまうメロディーです、なぜだか。。。

 

モリオカがロシア語ならば、

アキタ訛はリエゾンするようなところがフランス語にそっくりなのですが、

それよりなにより、帰省したとたん夫は流暢な秋田語をあやつりはじめ、

-すみやかに異人になります(もどります)-

親族皆が集まる食事会などは、

ー完全に異国と化しますー

 

-すべての結婚は国際結婚である-

 

それぞれが育った環境や文化を持ち寄るのが結婚ですもの、

そこには『?』や『!』が沢山あってあたりまえ。

それらを「納得できない」とか「興味ない」とか「ムリムリ」なんて受け入れないでいると

楽しみが半減するばかり。ストレスにさえ変わってしまいます。

最初は受け流す感じでもよいです。徐々に慣れますからナーバスにならないでね。

 

白黒はっきりスタイルよりも、柔らかいコミュニケーション力で、

「へぇ~」とか「そうなんだぁ」とか「逆に楽しい」ぐらいの

好奇心旺盛な楽天家になっちゃうほうが人生を謳歌できるし、

幸せにも愛されやすいのじゃないかしら。。。

 

婚活も同じです!!

人との出会いは旅に似ています。

その旅で何を見つけるか、どう感じるか、とけこむか、

面白いと思うか、つまらないとそっぽを向くか、それは人それぞれ、アナタしだい。

 

秋からのお見合い、もっともっと楽しみましょう。

 

今年の田んぼアートは「マタギとクマ」でした。

ずいぶん仲良しですねぇ、ホントウに?

マタギというのは猟師のことです。

熊とまたぎ

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

住所
東京都千代田区二番町9番3号 山陽電工ビル1F

相談所へのアクセス

ご成婚実績

これまでにご成婚された方々のストーリーを紹介しています。
会員様のプライバシー保護のため、お名前、年齢、職業は、仮のものにしています。

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。