「2回目デート」の重要性に気づくべし!3回目に進むコツとは?

公開日:2021年07月16日
投稿者 IMA-MIHO

アシスタントMIHOです。

 

以前「お見合いでの会話のポイント(コツ)」について書きました。

  ↓↓

次につなげる!つながる!お見合いでの会話7つのポイント

お見合いをクリアして次(仮交際)へ繋がった人もまだまだ安心してはいけませんよー。

 

所属している連盟(IBJ)的にいう「仮交際」になった後のデートは「本交際→成婚」への最初のステップです。

デートの中でも「2回目のデート」がとっても大切

 

私の経験上2回目のデートが成功したカップルは成婚(結婚)に繋がっている場合が多く、逆を言うと2回目から3回目のデートに進めない(進まない)カップルが意外に多いということです。

 

・何故2回目から3回目につながらない事が多いのか?の理由

通常、お見合い後の1回目のデートではお見合いで得たお互いの情報について少し掘り下げる程度のかなり無難な話をして終了することが多く、デートというよりは「お見合いで会ったのはこの人だったよね」というくらいの「再確認」要素が強め。

そんな初デートで「おや?なんか違ったかも?」と思った人でも「いや、もう一度会って判断しよう」と思う人も多く1回目から2回目は比較的順調に進む傾向があります。

ただし、2回目のデートからは「この人と結婚していいか」をお互いに見極めようと少しづつ真剣さが増しますので会話の内容、また盛り上がり次第で3回目に繋がるかどうかが決まります。

よって2回目で盛り上がらなかった場合→3回目のデートはほぼ実現しません。

 

そこで

・2回目デートを楽しく過ごす話題と会話術

まず、お見合いや1回目のデートで既に聞いた内容(仕事や趣味など)をもう1度聞くと、相手は答えながらも内心では「彼/彼女は自分に興味がないのかな」と思ってしまう可能性がありますので気をつけてくださいね。

 

ここからはお薦めの話題や、初回デート時に盛り上がった話題をどう活用していくのかをお伝えします。

デート中どんな話をしていいか分からない人は、ぜひ参考にしてください。

1)幼少期の話

お互いの幼少期の話をしてみましょう。自分がどんな子どもだったかや、小さい時の家族との思い出話をするのがおすすめです。こういう話を通して相手がどんな家庭、家族環境で育ったのか、また相手の家族との関係性などを知ることができますし、幼少期を知ることにより相手をより身近に感じられたり親近感を持ち関係が一気に縮まったりします。

 

2)前回盛り上がった話題の深堀り

初デートで盛り上がった話題を再度持ち出してしてみましょう。回盛り上がった話題ということはお互いそれに興味があるし好きだということです。ここで重要なのはその話題について同じ内容を繰り返すのではなくて、次回のデートまでに相手が言った事で知らなったことが有ればある程度リサーチするようにしましょう。例えばもし前回お互いの好きな映画の話題で盛り上がったのであれば、次のデートまでに相手の好きな映画のジャンルについて調べたり実際に見て感想を伝えたりするのです。そうすると相手は「自分の好きだといった事を覚えてくれていて、実際みてくれたんだ!」とかなりの好印象を受けます。

 

3)結婚観&価値観

2回目になってくると相手と基本的な情報交換が終わっていますので、漠然とした結婚観や価値観を徐々に話題に入れていく事もおすすめです例えば、「結婚したら2人で行ってみたいところ」「2人で休日はこんな風に過ごしたい」など、あまり重くない、でも将来についての話をするのがおすすめです。あまりにも具体的な結婚後の生活の話や金銭的な話などは、この段階では時期尚早です。そういう具体的な話は「真剣交際」に進んでからでも遅くはありません。

 

話題についてはここまで。

そこで次は会話のコツです。参考にしてみてください。

1)とりあえず聞き上手になる

話すのがあまり得意でないと自覚がある人は目指せ聞き上手」です。
人は自分の話を真剣に聞いてくれた人に好意を持つので、聞き上手だとあまり多くを語らないとしても印象は悪くなりません。でも相手の事をよりよく知る為には聞くだけでなく「質問上手」にもならなくてはいけません。それには「相手に興味を持つ」のがコツです。興味を持つと自然に色々と質問したくなるものです。

2)相談したり意見を求めてみる

相手に相談したりするのもおすすめの会話術です。
意見を求めたり相談されることで、相手は「自分に心を開いてる」または「信頼されている」と感じるため、グッと距離を縮めることができます。ただし、複雑な人間関係、家族関係などについての相談は知り合ったばかりの仮交際相手から聞くにはヘビーすぎますし、交際自体をぶち壊しにしてしまう可能性もあるので、当たり障りのない話を相談することが肝です。

3)褒め&感謝上手は愛される

自分のことを褒められて悪い気になる人は滅多にいないですし、相手に何かをして相手から感謝されて悪い気になる人はいないと思います。褒められると「そういう風にみてくれてるんだ」と相手の承認欲求が満たされますし、感謝されると「もっとしてあげたい」と思うのが一般的な人間です。なので交際をいい感じで続けたいのであれば褒め上手、感謝上手になる事は効果絶大ですただし褒め方も「容姿だけ」を褒めたりすると薄っぺらい感じに受け取られ場合もあるので出来れば相手の容姿だけではなく「言動や行動を褒める」とより効果があります。

 

・2回目から3回目に確実に繋げるには

2回目のデートが終わった後、「自分は3回目に進みたいと思ってる場合」→出来るだけ早いうち(2、3日以内)にデートに誘ってください。ここで性の場合「女から誘うなんていいのかな?」と思ってしまう人も居ると思いますが、今の時代、実は女性側から誘うことで男性は好印象を持つ場合が多く、間違いなくデート成立率も高いです。デート期間が開いてしまうと相手からは自分に対しての真剣度が低いと思われて当然ですし、自分自身もまだ気持ちが定まっていない時は気持ちがお互い冷めてしまう場合があります。

 

 

婚活に変な駆け引きは不要ですし無意味です!

 

2回目のデートの大切さがお分かりになりましたでしょうか?

参考になりましたら幸いです。

 

 

東京はそろそろ梅雨が明けそうです。

婚活IMAでお待ちしています!

 

  |  

仲人&コーディネーター
今村 倫子

2021年 IBJ PREMIUM 受賞
2022年下期 IBJ AWARD 受賞 2022年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年上期 IBJ AWARD 受賞 2021年下期 IBJ AWARD 受賞

2022年上期・下期
2021年上期・下期
IBJ AWARD受賞
2021年
IBJ PREMIUM 2021受賞
2019年
入会優秀賞/成婚優秀賞 ダブル受賞

「婚活」受難時代

角川新書より出版された"「婚活」受難時代 "へ取材協力をいたしました。

所在地
東京都千代田区富士見1-3-11
富士見デュープレックスB‘s 4F

相談所へのアクセス

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です

婚活IMAは日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)にてマル適マークを取得しています。(認証番号151325)

IBJ 日本結婚相談所連盟
IBJインタビュー

IBJからのインタビューの様子を掲載しています。

オンライン相談予約受付中
登録会員数No.1

男の婚活

婚活IMAは男性の婚活を応援しています。

角川新書 「婚活」受難時代 取材協力しました!